江戸切子 ぐい飲みグラス おちょこ

40%セーブ

価格:
販売価格¥6,000 通常価格¥10,000

説明

商品説明

江戸切子について

江戸時代後期、天保5年(1834)に江戸大伝馬町でビードロ屋を営む加賀屋久兵衛が金剛砂を用いて硝子を彫刻し、切子細工の技法を考案したのが始まりといわれています。その精巧なカット技法は、明治6年(1873)、東京品川に設立された興業社(品川硝子製作所の前身)に継承されました。明治14年(1881)には切子(カット)の指導者として英国人エマニエル・ホープトマン氏を招き、数名の日本人がその指導を受け、現代に伝わる江戸切子の伝統的ガラス工芸技法が確立されます。江戸切子は、昭和60年(1985)に東京都の伝統工芸品に指定、平成14年(2002)、国指定伝統的工芸品にも認定されました。

江戸切子の定義

江戸切子協同組合が定義をまとめています。
1. ガラスである
2. 手作業
3. 主に回転道具を使用する
4. 指定された区域(※江東区を中心とした関東一円)で生産されている
※区域の指定は江戸切子協同組合に帰属。

硝子の色について

堀口切子で扱っている色は、スキ(透明)、金赤、瑠璃、薄瑠璃、緑、黄、若草、紫、黒などがあります。発色させる主成分として、金赤は純金、瑠璃はコバルト、緑はクロム、黄はセリウム、紫・黒はマンガンなどで色を発色させています。

江戸切子の「色被せ」について

「色被せ」ガラスは、外側に色のガラス、内側に透明なガラスという二重構造になっています。作り方は色々ありますが、一般的に約0.5~1.0mmほどの薄さが特徴の江戸切子の場合、型の中にまず色ガラスを吹き込み、口を開くように上の部分を切り取った後内側に透明なガラスを吹き込むという方法が主流です。

Payment & Security

Amazon American Express Apple Pay Daily Yamazaki FamilyMart Google Pay JCB Lawson LINE Pay Mastercard Merpay Ministop PayPay PayPal 7-Eleven Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

You may also like

Recently viewed